“硫黄島からの手紙” “それでもボクはやってない”

仕事がOFFの水曜日、昨日の予告通り早起きをしてなんば丸井にある映画館へ。
TOHOシネマズなんばには初めて行ったけど、アタシはナビオの方が好きかな(笑)
行き慣れてるからかもしれんけど…なんばはこれから何回も行くと思うから、
そのうち慣れてくるかもね^^;

先週から楽しみにしていた“硫黄島からの手紙”“それでもボクはやってない”
2本共、率直な感想を述べるなら…とにかくイイッ!!!って感じ^^
b0042893_21511116.jpg
人生で2度目かな?戦争映画を見るのにお金を払ったのは…。
小学生の時、映画鑑賞といえば9割戦争映画やったから、幼いながらに、、、
「戦争映画なんて大人になったら絶対に見ぃひん!!」って思ったけど、
戦争映画って、自分が知らない昔の事を教えてくれるんよね。
実際、今回の映画で硫黄島っていう島がある事を知ったし…。
見ていると、音響が良すぎて(笑)自分も硫黄島で爆撃された気分になったわ…。
とにかく凄過ぎた!!!映像も音も!!!あの映画は、渡辺 謙が主演って事になってるけど、
友達も言うてたように、ニノが主役っぽかったな(笑)
彼はジャニーズを辞めてもやっていけるよ…(笑)

今回、アタシに“硫黄島”を見に行くきっかけを与えてくれたこの人↓
b0042893_220074.jpg
このシーンは西郷(asニノ)に銃口を向けてる所↑で、すっごい惹き込まれた場面の1つ。
清水(as加瀬 亮)西郷に憲兵をクビになった話をするシーンも惹き込まれたなぁ。
おまけにそのシーンから涙が止まんなかったし…(T T)(T T)(T T)
b0042893_22132970.jpg
インタビューで言うてたけど西郷清水の関係性って、素のニノ加瀬 亮に見えるな(笑)
西郷清水を引っ張るっていうか…^^オーディションでは加瀬 亮西郷の役を
やったそうで…けど、加瀬 亮は最初から清水をやりたかったとか…。
映画を見たら分かると思うけど、、加瀬 亮清水で良かったと思うわ~♪

次は“それでもボクはやってない”を…。



b0042893_22274522.jpg
2000何年からやっけ?裁判員制度って…。
この映画を見て、日本の裁判員制度に疑問を感じたわ…。
もし自分が裁判員になったら…何も知らない人の事を裁いていいの?って…。
もしも、自分が有罪と下した人が冤罪やったら…とか色々考えてしまった…。
よくTVで“警察24時”みたいな番組で、鉄道警察の事も見たりするけど、
捕まえる所までしか放送してなくて、その後警察でのやりとりを知らなかったから、
この映画で細かく描いているから、知らなかった事もよく分かったし、
裁判ってめーっちゃ時間がかかるって事もよーく分かった…。
b0042893_223948.jpg
すべてはココから始まるこの裁判、、、↑
b0042893_2240402.jpg
手錠をかけられ、拘置所暮らしがスタート、、、↑
b0042893_22421999.jpg
お母さんや友達が“やってない”事を信じて奔走↑
この面会室でのやりとり、結構リアルやったなぁ~。
「それをなんとかするのが弁護士だろッ?!?」とか、
「ずっとこんな所に居て…頭がおかしくなりそうだ…」とか、
ホントに体験した人みたいにセリフを言う加瀬 亮はスゴイッ!!!
b0042893_2249311.jpg
1年に渡る裁判が始まり、、、判決は…。↑それは、タイトルが暗示してるのさぁ( ̄▽ ̄)

アタシ…“それボク”はまた見に行くと思うし、DVDも絶対に買うと思うわ(。→∀←。)キャハ♡
とにかく、、、加瀬 亮がめっちゃカッコイイッ!!!!!!!!!!

PE★CO
[PR]
by jun_1976 | 2007-01-31 22:45 | 加瀬 亮